返済できないとどうなるのか

カードローンで借入れをした後は返済を行います。しかし、中には期日までに返済を行わない人もいます。それがないように審査があるのですが、相手は人間なので、実際に返済するかどうか完全に把握する方法はありません。もしも返済が滞ったらどうなるのか、命まで取られる心配をする人も意外といます。

 

実際強引な取り立ては行われません。ただし、返済が遅れると必ず確認の電話がかかってきます。ちなみに、もしも支払いが遅れると事前に連絡をしておくと、催促は来ません。連絡さえ取れていれば、催促もそれ程しつこくはありません。

 

もしも遅れるとしても、支払う目途があるならばそれ以降は特に催促はありません。ただし、連絡時に必ず返済の予定については質問されます。

 

もしも返済の遅れが2カ月、3カ月と続いた場合、これでも強引な取り立ては行われません。ただし、カードの利用は停止され、借入はできなくなります。

 

もしも半年、1年と支払いが滞った場合、さすがに強制的に取り立てにくると思うかもしれません。家にある財産を差し押さえられたり、怖い人が取立てに来たりするのを想像するかもしれませんが、これもありません。強引な取り立ては基本的に行われません。

 

ただし、返済遅延の情報は履歴として残るので、今後ローン関連は一切組めなくなります。

 

最近では銀行で借りる専業主婦のカードローンも人気となっていますが、専業主婦の方が借りるとすると返済は配偶者の収入で行うこととなるので、しっかりとした返済計画を立てないと自身の信用情報を汚してしまうのです。