職場に電話がかかってくる

カードローンの審査では、申告情報の確認は意外と徹底しています。住所1つとっても、実際に地図でその住所が現在も存在しているかを確認しています。連絡先がない人への貸付けも行いません。貸金業者にとって、利用者との連絡手段がなくなるのは非常にリスクが高いからです。

 

免許証の住所と現住所が違う時には、住所証明の書類も求められます。本人確認書類もコピーは不可で、必ず原本を求められます。

 

また、職場についても確認を徹底しています。申告した職場が実際にあるかどうかはもちろん、その職場に利用者が本当に在籍しているかどうかも確認します。

 

職場の確認を在籍確認といいますが、ほとんどの貸金業者で、在籍確認の方法は電話を採用しています。実際にその職場に電話をかけて、在籍しているかどうかを確認するのです。職場に電話を掛けるといわれると、焦ってしまう人もいると思います。それでも電話をかけるのは、それだけ在籍の確認が重要だからです。

 

ただし、カードローンの利用を知られたくないというのは、業者側もよく理解しています。在籍確認の電話でカードローンの会社名は名乗りません。業者の電話とわからないように、一般人として電話をかけてきます。在籍確認の電話は本人が直接電話に出られなくても、本日は休みを頂いている、外出している、などの言質が取れればそれで終了します。

 

職場に電話がかかってくると聞くと不安に感じるかもしれませんが、実際にはサラ金から借りるとしても正規の消費者金融であればプライバシーは守ってくれるので、安心して利用ができます。